節約セイブ記事コンテンツ編集方針

記事コンテンツ編集方針についてのページになります。

当ウェブサイト節約セイブはその名の通り「節約」と貯蓄を「セイブ(守る)」ことに念頭を置いて構成しています。

そのためには何ができるかと考えた時、翻訳・解釈・新機軸でした。

要約ポイント

  • 翻訳・解釈・新機軸を考えていくコンテンツ
  • なにかしらのアクションができるように
  • 誰かの「節約」と貯蓄を「守る」ことができるように

翻訳・解釈・新機軸を考えていくコンテンツ

節約セイブでは、世にあるクレジットカードやモバイル決済のキャンペーン、規約など、難解なものをできるだけわかりやすく、翻訳するという考えがあります。

節約セイブでは、いろいろなサービスのなかにある解釈をわかりやすくして更に深みに行けるように解釈を与えて節約セイブの個性としていきます。

節約セイブでは、多くあるサービスを組み合わせることを考え、新機軸を考案する気持ちを念頭に置くこととしています。

この「翻訳・解釈・新機軸」の3つは、「節約」と「セイブ」を冠していくにあたり、はずせない要素になっていきます。

なにかしらのアクションができるように

「翻訳・解釈・新機軸」の3つを通じて、節約セイブを訪れていただいた検索・SNS経由のユーザー様が、「読んだよ、すごいね」で終わらない、実際のなにかしらのアクションにつなげるにはどうしたらいいか?

そのことを考え、コンテンツを編集していくことを考えています。

誰かの「節約」と貯蓄を「守る」ことができるように

節約セイブの主旨はあくまでも誰かの「節約」と貯蓄を「守る」ことができるように役立つ情報を「翻訳・解釈・新機軸」の3つを通して伝えていくことにあります。

節約セイブのコンテンツを書いているのは30代子持ちライターです。

超少子化&高齢化社会はとめられないし、話題になった老後2000万円も誰もが気にしないといけないことです。

2020年の東京オリンピック以降、僕らの人生がどうなるかなんて誰にもわからない。

編集部
未来の一助になれるウェブサイトとして、精進・修正を進めていきます。どうぞよろしくお願いします。

まとめ

  • 翻訳・解釈・新機軸を考えていくコンテンツ
  • なにかしらのアクションができるように
  • 誰かの「節約」と貯蓄を「守る」ことができるように
編集部
2019.9.14 節約セイブ運営元 編集者

投稿日:

Copyright© 節約セイブ , 2019 All Rights Reserved.