LINE Pay

LINE Pay(ラインペイ)でオートチャージする方法とメリット

スマホ決済アプリで最近使われている「LINE Pay(ラインペイ)」。

この「LINE Pay(ラインペイ)」はオートチャージすると残高を気にしないで使うことができます。

オートチャージ」の仕組みや設定方法・メリットについてまとめていきます。

スマホ決済アプリで最近使われている「LINE Pay(ラインペイ)」

スマホ決済アプリで最近使われている「LINE Pay(ラインペイ)」

ポイント要約

  1. 結論:「LINE Pay(ラインペイ)」の残高チャージには簡単に設定できるオートチャージが便利でおすすめ
  2. オートチャージというのは残高金額を条件にして、自動で銀行口座から一定額をチャージできるようにする仕組み
  3. メリット:電子マネーで一番面倒な残高を気にしないといけないわずらわしさから開放されるうえに、クレカではないので使いすぎることがない
LINE Pay - 割引クーポンがお得なスマホ決済アプリ

LINE Pay - 割引クーポンがお得なスマホ決済アプリ

LINE Pay Corporation無料posted withアプリーチ

LINE Pay(ラインペイ)使いはオートチャージがおすすめ

LINE Pay(ラインペイ)」はプリペイド式の電子マネーなので、残高金額がないと使えません。

そのため「LINE Pay(ラインペイ)」をよく使うなら残高のことを気にかける必要がでてきます。

でも「めんどい!」ですよね。

LINE Pay(ラインペイ)」の残高チャージ機能のひとつに、「簡単に設定できるオートチャージ」設定があります。

オートチャージとは?

オートチャージ」というのは、「LINE Pay(ラインペイ)」の残高金額を条件にして、ある金額を下回ったら自動で銀行口座から一定額をチャージする仕組みのことです。

つまり、チャージ元の銀行口座の金額が尽きない限り、「LINE Pay(ラインペイ)」の残高が足りなくならないというわけです。

オートチャージを設定するメリットやデメリット

LINE Pay(ラインペイ)」でオートチャージを設定するメリットを端的にまとめるとすると次の3つになります。

LINE Pay(ラインペイ)のオートチャージのメリット

  • チャージする手間がはぶける
  • 残高を気にしなくていい
  • クレジットカードがいらない

電子マネーで一番面倒な残高を気にしないといけないわずらわしさから開放されるうえに、クレカではないので使いすぎることがありません。

オートチャージにデメリットはあるか

では「LINE Pay(ラインペイ)」のオートチャージにデメリットはあるのでしょうか。

LINE Pay(ラインペイ)」のオートチャージはクレジットカードから行うことはできないので、銀行口座のみになります。

そのため、この「チャージ元にする銀行口座のお金の管理は絶対不可欠」になりますよね。

普段お給料が振り込まれる専用口座や、貯金用に常にお金がある状態の銀行ならばいいですが、「LINE Pay(ラインペイ)」以外の用途がない場合はうっかりお金を入れていなくてチャージがされないということも発生しかねません。

LINE Pay(ラインペイ)」のオートチャージにデメリットがあるとすればクレジットカードでのチャージが行えないので、「チャージ元にする銀行口座のお金の管理が発生すること」になります。

オートチャージの設定方法

LINE Pay(ラインペイ)」でオートチャージを設定する方法です。

  1. チャージ>オートチャージをONにする
  2. オートチャージをする銀行口座を選択
  3. オートチャージ条件となる残高を設定
  4. 自動でチャージされる金額を設定

LINE Pay(ラインペイ)」のオートチャージは基準となる「設定金額」を、お支払いや決済で下回ったら「自動で一定額が銀行口座からチャージ」されるというものです。

推奨設定

おすすめのオートチャージ設定は2000円以下になったときに、10000円チャージされる設定ですね。

おすすめのオートチャージ設定

おすすめのオートチャージ設定

理由としては「QRコード・バーコード決済」は比較的、カジュアルな日用品の購入が主になるので、高額なものはクレジットカードでの分割購入がほとんどです。

そのためコンビニやドラッグストアなどで「2000円以上のお買い物はそんなに発生しない」ことから、条件を「2000円以下になったとき」としました。

また、銀行口座から高額が引き出されると、使いすぎるのが怖いという層にも優しいように簡単にはQRコードで使い切れない「10000円」という金額をおすすめしています。

まとめ

  1. 結論:「LINE Pay(ラインペイ)」の残高チャージには簡単に設定できるオートチャージが便利でおすすめ
  2. オートチャージというのは残高金額を条件にして、自動で銀行口座から一定額をチャージできるようにする仕組み
  3. メリット:電子マネーで一番面倒な残高を気にしないといけないわずらわしさから開放されるうえに、クレカではないので使いすぎることがない
LINE Pay - 割引クーポンがお得なスマホ決済アプリ

LINE Pay - 割引クーポンがお得なスマホ決済アプリ

LINE Pay Corporation無料posted withアプリーチ

1月から年会費が¥0

必見 2020年値上げ・増税・家計負担はんぱない!節約どうしたら…ここはキャッシュレスで簡単に乗り切ろう!今から節約ライフを簡単に開始する具体的な方法まとめ→ 普段使いできるクレカで電子マネーのようにポイント貯める節約術

ポイント
LINE Pay(ラインペイ)でオートチャージする方法とメリット」を読んでいただきありがとうございます!記事URLとタイトルだけでもコピーしませんか?
※サービスについての情報は公式ホームページ様、未発表部分は過去データや見識の類推になります。掲載情報は免責事項にご了承いただいた上御覧ください。

必見 今なら銀行口座登録で1000円分お得→paypay_IOSpaypay_android

アクセスの多い記事

「超ペイペイ祭」はPayPayの2年目の記念イベントで10/17から1ヶ月のキャンペーン 1

10月17日から「超ペイペイ祭」というペイペイキャンペーンがたくさん開催されます。いろんなキャンペーンがある1ヶ月を「超ペイペイ祭」と表現しているんですよね。 抽選あり・還元ありのいろんなキャンペーン ...

【GoToイート】埼玉県のGoToEatキャンペーン 2

飲食業の支援事業で期待される「GoToイートキャンペーン(食事券)」が埼玉県でも開始されます。 埼玉県での「GoToEat」キャンペーン内容を調べてまとめていきます。 9/30から事業に参加する飲食店 ...

TtravelのGoToトラベル 3

8月からスタートする予定の国内旅行が安くなる「GoToトラベル」キャンペーン。 この「GoToトラベル」キャンペーンは対象になっている旅行業者の「ナントカプラン」を申込む必要があります。 せっかく国内 ...

nanacoカード 4

女性誌やテレビ番組などでひっきりなしに特集される機会が増えた「キャッシュレス」「ポイ活」。 いよいよ節約を考えないとなーってなんとなく考えてる人はとても増えました。 まわりがやってると、私やってないよ ...

%割引の罠や特徴 5

チョット誰か「お得を整理して!」 ってことで、お得の仕組みや何割引という表現の種類から、本当にお得なものを見抜いていく解説です。 店頭やネットショップで、そこかしこに当たり前のように存在する「この子た ...

節約術シリーズ:ポケットWifiでネット通信費用を抑える方法(一人暮らし向け) 6

節約術シリーズです。 家賃や光熱費などの固定費用はなかなか減らすことって難しいですよね。 となると、節約を考えるときにメスをいれないといけないのは 「THE通信費」になります。 固定回線やスマホ、Wi ...

VisaLINE Payカード 7

2020年(令和2年)もナントカペイ・キャッシュレスニュース情報、たくさんの事件ありました。そのまとめです。 2019年は乱立しましたね。2020年は淘汰やキャンペーン縮小が目立つかたちになります。 ...

-LINE Pay

© 2020 節約セイブ