楽天スーパーポイント

楽天スーパーポイントの有効期限はあるの?確認方法と延長する秘策

投稿日:

楽天市場はネットショップの他にも楽天トラベルや保険など、いろいろなサービスがありますよね。

そのため、いつの間にか「楽天スーパーポイント」がたくさん貯まっていることがあります。

でもポイントって有効期限があるので、いつの間にか失効してしまい、使えなくなった経験ありませんか?

せっかくお金を支払って貯めてる「楽天スーパーポイントの有効期限」について、確認方法や延長の方法を調べました。

楽天スーパーポイントの有効期限ルール

ざっくりまとめ

  • 楽天スーパーポイントの有効期限は1年間
  • ポイントを貯める機会がなかった場合
  • どこかでポイントを獲得してたらその都度有効期限は延長される

楽天を使うことにより貯まる通常の「楽天スーパーポイント」の有効期限は、ポイントが付与された月の翌年同月の前月末日までです。

例:2018年4月10日に楽天スーパーポイントを獲得した場合は、翌年2019年3月31日なくなる可能性があります。

では次に「楽天スーパーポイント」の有効期限の確認方法をみてみましょう。

楽天スーパーポイントの有効期限の確認方法

自分の持っている「楽天スーパーポイント」が、いつ、いくら分の有効期限が切れるのか、確認の仕方を知らないことには、楽天スーパーポイントをどう使ったらいいんだろう?という話になりません。

  • ウェブサイト(PC/スマホ)
  • 専用アプリ(iPhone/Android)

基本的にはこの2つの方法がいちばん簡単に確認できます。

楽天でふだん買い物ができるのでしたら、楽天にログインできますよね。

ログインしたら「獲得予定ポイント」という欄があります。

獲得予定ポイントは、今は加算されていないけど獲得する予定になっている「加算待ち」のポイントです。

まずこの「獲得予定ポイント」の日付は未来の日付なので、ここの日付をチェックして、その1年後の同じ月のひとつ前の月末までが有効期限になります。

例:獲得予定日が「2018/5/19」になっていれば、翌年2019/3/31までが有効期限ということになります。

楽天スーパーポイントの有効期限の延長方法

楽天スーパーポイントの有効期限は、ポイントをゲットするたびに延長されます。

そのため、買い物で楽天カードを掲示できるお店を利用するだけで有効期限を延長できます。

有効期限のくるものからポイントが使われる

有効期限がきちゃうポイントがあるときは、レジなどでポイントを使う時、有効期限の近いポイント分から使われるので、安心です。

例えば今、ポイントが全部で3000ポイントあって、そのうち明日有効期限が切れるポイントが2000ポイントあるとしますよね。

その場合、2500円ぶんのお買い物を楽天スーパーポイントで行うと、有効期限が近い2000ポイントをまず消費するので残りは500ポイントになります。

この500ポイントはルールとして明日有効期限が切れるポイントじゃないものが残ります。

できるだけたくさん楽天スーパーポイントを貯めて、たくさん使ってほしい、という楽天側の親切設計ですね。

まとめ

  • 楽天スーパーポイントの有効期限は1年間
  • ポイントをゲットしたら延長になる
  • ポイントの有効期限は最終ポイント履歴から確認して1年を足す
  • アプリやパソコンでネットに接続して確認可能
  • 有効期限のくるポイントから使用される親切設計

あまり有効期限を気にしてポイントを貯めていると、ケチだな、みたいに思われがちですが、そんなことはないです。

社会保険や税金になにかとお金のかかる現代人の、知恵・工夫のたまものです。

お得になるものは賢くつかいましょう。

ポイント
楽天スーパーポイントの有効期限はあるの?確認方法と延長する秘策」を読んでいただきありがとうございます!記事URLとタイトルだけでもコピーしませんか?

-楽天スーパーポイント

Copyright© 節約セイブ , 2018 All Rights Reserved.