Pring(プリン)

Pring(プリン)でお金を送る方法・出金する方法【個人間送金】

投稿日:

送金アプリ「Pring(プリン)」は、手軽にお金を送ることができるのが特徴だ。単純なモバイル決済(QRコード決済)だけの枠にとらわれないところが群を抜いています。

Pring(プリン)」でお金を送る方法と利用事例・出金する方法をまとめました。

要約ポイント

  • Pring(プリン)」のメイン操作はおくる、もらう、はらうの3つ
  • お金を送る手段:友達リスト、SMS、LINE、QRコードの4種類
  • Pring(プリン)」で送る相手を決めて、金額を決めて送金する

Pring(プリン)でお金をおくる、もらう、はらう

Pring(プリン)」のメイン操作は、おくる、もらう、はらうの3つです。

人にお金を送金するか、もらうか、お店に支払いする形になります。メイン画面ではボタンが散らばっているので、どこがボタンなのかわかりにくいかもしれません。

Pring(プリン)のアプリマップ概要

Pring(プリン)のアプリマップ概要

お金をおくる

友達や同僚にお金を簡単に送ることができます。必要な情報としては、相手も「Pring(プリン)」アプリが入っていることがもちろん条件ですが、その他の条件として、電話番号かLINEを知っていると簡単につながれます。

電話番号(SMSメッセージ)、LINEが簡単な方法です。

電話番号、SMSで送金

電話番号で送る場合は、SMSとして相手にメッセージが送られます。

基本的な文章は「【pring】お金が届いています+プリン送金URL」という形です。

Pringでお金をおくる時のSMSメッセージ文面

Pringでお金をおくる時のSMSメッセージ文面

iPhoneの連絡先(電話帳)から自動で読み込まれるので、相手の名前や電話番号を入力してみましょう。

SMSメッセージでプリンsoukin

SMSメッセージでプリン送金

電話帳(連絡先)に登録されている名前が読み込まれるので、電話番号や相手の名前を入力するだけで候補が表示されます。

LINEで送金

LINEはメッセージとして送られます。LINEのなかでは、友達のリストから選ぶか、LINEグループ、直接のトーク、LINEタイムラインの4箇所が選択可能です。

メリットとして「10箇所まで同時に複数送り先を選べる」ので、最大10人に同時に100円を送金する、ということも可能です。

プリン送金をLINEで送る場合、相手を10件まで同時に選べる

プリン送金をLINEで送る場合、相手を10件まで同時に選べる

というのも「LINE Pay」では友達にお金を送金するときに「電話番号」の登録が必要になるので「LINE Pay」に電話番号を登録しないままLINEの友達にお金を送りたい場合は「Pring(プリン)」が活用できるでしょう。

※「Pring(プリン)」の登録に電話番号必要だけどw

QRコードで送金する

目の前にお金を送る相手がいるのなら、QRをコードで読み取ってもらって送金するのが早いかもしれません。

電話番号を相手に入力してもらう手間を考えると「ピッ」ってスキャンで済むなら楽ですよね。

もらう機能

Pring(プリン)」には「お金をもらう機能」があります。

もらいたい金額をリクエストして相手に要求する機能です。

「送る」同様に電話番号のSMSやLINE送信、QRコードにもあるので、使い勝手次第ではとても楽になります。

QRコードには「リクエスト」機能もあります。

例:勉強会の幹事をやっている人が、参加者8人の電話番号でSMSで参加費用を3000円同時にリクエストする→誰が払ってないかわかる

例:一緒に食事をした相手が現金をもっていなかったのでかわりに払って、その金額を備忘録としてリクエストしておくと、金額が履歴で残るから忘れない

相手にスキャンしてもらうのではなく、相手のQRコードをスキャンすることでやりとりもできるので、ケースバイケースで使い分けられます。

Pring(プリン)のつながり

いちど「Pring(プリン)」で送金した相手のアカウントは、アプリのトップ画面の「つながり」欄にアイコンが並びます。

次回からすぐに送金することができるようになります。

それぞれ、DMもおくることができるのでLINEのようなチャットをしながら送ったり連絡をとりあったりできます。

いきなりお金を送られてなんのお金なのか?みたいなことがないようにメッセージが添えられるので、わかりやすくなりますね。

Pring(プリン)で払う

Pring(プリン)」にチャージしたお金でお店に支払いができます。

お店のQRコードをスキャンして、支払う金額を決定し、支払いです。

現状は支払いできるお店が少ないので、続報を待ちましょう。

Pring(プリン)で送られたお金

Pring(プリン)」で相手に送ってもらったお金は、プリンにチャージされた金額として表示されています。

送られたお金は銀行口座に0円で戻せますが、提携している銀行でしか使えませんので注意しましょう。

あらかじめ銀行口座を登録が必要ですが、口座の簡単な情報を入力するだけで登録できますので安心してください。

みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、住信SBIネット銀行、イオン銀行、埼玉りそな銀行、福岡銀行、西日本シティ銀行、近畿大阪銀行、東邦銀行、北九州銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、百十四銀行(2019/3/20現在)

まとめ

  • Pring(プリン)」のメイン操作はおくる、もらう、はらうの3つ
  • お金を送る手段:友達リスト、SMS、LINE、QRコードの4種類
  • Pring(プリン)」で送る相手を決めて、金額を決めて送金する
ポイント
Pring(プリン)でお金を送る方法・出金する方法【個人間送金】」を読んでいただきありがとうございます!記事URLとタイトルだけでもコピーしませんか?
※サービスについての情報は公式ホームページ様、未発表部分は過去データや見識の類推になります。掲載情報は免責事項にご了承いただいた上御覧ください。

アクセスの多い記事

PayPay(ペイペイ)2/12から:100億円あげちゃうキャンペーン第二弾開始アナウンス 1

PayPay(ペイペイ)2/12から:100億円あげちゃうキャンペーン第二弾開始アナウンスがはいりました。 2/12からスタートということで、キャンペーン内容が変更がありますのでそちらを解説していきま ...

2019年(平成31年)に開始されるモバイル決済・キャッシュレスまとめ 2

「ナントカペイ」が多すぎる。そんな言葉がSNSやテレビのニュースでも聞こえてきます。 それもそのはず、どんな人がどんなものを買っているかなどのお支払いデータにも直結するので、大手会社さんはモバイル決済 ...

Paypay(ペイペイ)スマホ決済サービス 3

PayPay(ペイペイ)が「新しいお金の流れをつくる」として話題になっていますが、どうやって使うのでしょう。 「お得だって聞いた」「SoftBankならお得?」いろいろ情報が錯綜しているので初めて P ...

7Pay 4

いろんな企業が独自に展開してきて日本国内ではすっかり、「ナントカPay」の戦国時代になっていますね。 実はセブンアイホールディングスのセブン-イレブンやヨーカドーで使えるようになると考えられるモバイル ...

-Pring(プリン)

Copyright© 節約セイブ , 2019 All Rights Reserved.