便利アプリ 節約

2020年版:キャッシュレスPAY還元率比較スマホ決済アプリの違いをまとめ

2020年も引き続き注目が集まる「何とかペイ」ですが、決済時にキャッシュバック(ポイント還元)があるのが魅力ですよね。

節約セイブでは「節約」という切り口でPayPayやauPAYなどの各サービスをこの還元率を比較してとらえていきます。

要約ポイント

  • 還元率(キャッシュバック率)」とは支払金額に対してどのくらいお得なのかを示すお得度
  • auPAY・d払い、LINE Payなどのキャッシュレス・何とかペイの「還元(キャッシュバック)」の主流はポイント還元なのでうまく使いましょう
  • キャンペーンや待遇制度で上がり下がりがあるためアンテナをいかに貼っているかが節約になります

キャッシュレス還元率表

サービス名 基本還元率
d払い ポイント還元:0.5-7.5%。ランチ・業種別などの還元率10倍などのキャンペーンを多く行っている。
LINE Pay ポイント還元:0.5~2% 。LINEマイカラー制度で使ったぶんだけプラスになる。同時に利用できる値引きクーポンが充実している。
メルペイ 常時還元率があるわけではなく、クーポンやキャンペーン時でのポイント還元になる。
楽天ペイ ポイント還元:0.5%と楽天ペイと同様。 チャージのときにも0.5%付与されるのでトータル1.0%の還元
PayPay 残高に還元:0.5%~1.5%でPayPayボーナスライト。ただし大型20%還元のキャンペーンや業種別にお得になるイベントを定期的に開催
au PAY ポイント還元:0.5%~1.5%
Kyash ポイント還元:カードによって1.0%~0.5%

2018年から引き続き注目の集まる「キャッシュレス」。人気の理由のひとつとして大きいのは還元率ですよね。

メモ

還元率でよく言われるのが1ポイントがいくらでもらえるか、の比較です。100円で1ポイントだと還元率は1.0%。200円で1ポイントだと0.5%になります。

d払い還元率で節約

d払い

d払い

d払い」はドコモのPAYサービス。

ただ、dアカウント系は誰でも使えるのでドコモケータイじゃなくても使える&貯まりやすいのはあまり知られていません。

d払い」自体の通常還元率は、0.5%ですが、支払い先をdカードにすることによって+1.0%のポイントがつきます。

また、決済のときに「dポイントカード」を提示できるお店なら、さらに「+0.5%~1.0%(=お店によって違う)」の還元率がつきます。

編集部
トータルするといろいろ手間ですが、還元率2.5%ですね。

d払いリアル店舗:お店で使う時

  • dポイントカードのバーコードを読んでもらう
  • d払いの支払い先をdカードにする(事前設定)
  • d払いで支払う

d払い」のバーコードが表示されるホーム画面の右下に「dポイントカード」を表示させるボタンがありますので注意しましょう。

d払いネット店舗:オンラインで使う時

d払い」はネットショップでも使える場所が増えています。

ネットで「d払い」で支払うと「1.0%」のポイントが付きます。

ポイントカードを出せない分高いんですかね。

このオンラインd払いは、キャンペーンで倍率が上がっていることも多いので買い物をネット出するときはチェックしましょう。

d払いが使えるサイト

d払いが使えるサイト

d払いは「dポイントを1ポイント=1円」で利用ができるので貯めたポイントの入口と出口を考えなくていいので初心者にも簡単です。

メモ

入口と出口というのはポイ活の考えで根底にあるものです。用途(出口=使い方)がなければ貯め始め(=入り口)ても無駄になるということですね。

d払いキャンペーン

d払い」は還元率・還元倍率があがるキャンペーンを多くやっています。

例としては「セイコーマートで支払うとdポイント20倍」などですね。

これは実際に3/16まで行われているキャンペーンで、200円(税込)につき1ポイントのところ、20ポイントたまるという寸法です。

d払い」キャンペーンの特徴としてその多くが「エントリーボタン」を押さないといけないものとなっていますので注意してもらいたいですね。

d払い-スマホ決済アプリ、キャッシュレスでお支払い

d払い-スマホ決済アプリ、キャッシュレスでお支払い

株式会社NTTドコモ無料posted withアプリーチ

LINE Pay還元率で節約

LINE Pay還元率で節約

LINE Pay還元率で節約

LINE Pay(ラインペイ)」はLINEのPAYサービス。

LINE Pay(ラインペイ)」のキャッシュバック還元は基本的に「1ポイント=1円」で使える「LINEポイント」への還元になります。

LINE Pay(ラインペイ)」の通常還元率は前月にいくらつかったかで還元率が0.5%~2.0%に上下するランクシステムをとっています。

これを「マイカラー制度」といいます。

  • ホワイト:0円〜9999円【還元率:0.5%
  • レッド:1万円〜4万9999円【還元率:0.8%
  • ブルー:5万円〜9万9999円【還元率:1.0%
  • グリーン:10万円以上【還元率:2.0%

LINE Pay(ラインペイ)」の真価はそのポイントの貯まりやすさにあります。

LINEPayポイントが貯まるもの

LINE Pay(ラインペイ)」はLINE経済圏とも言うべきポイントの使いやすさを組んできていること、PayPayとの提携が決まっていること。

この2つが今後2020年に大きな動きがあることを期待させます。

  • カードが不要になるLINEマイカード

  • 経由での買い物でポイントの貯まるLINEショッピング

  • 高還元キャンペーンをするLINEギフト

  • 幅広いお店で使えるLINEクーポン

  • 出前サービスLINEデリマ

  • お店でバーコードを読み込んでもらうショッピングゴー

LINEのショッピングゴー
SHOPPING GO(ショッピングゴー)でLINEポイントお得にゲットする方法

LINEの「SHOPPING GO(ショッピングゴー)」を使ったことがあるでしょうか。お店で買い物をする際に、バーコードを読み取ってもらうと「金額に応じてLINEポイントがゲットできる」というものです ...

続きを見る

メルペイ還元率で節約

「メルペイ」は世界でも人気のフリマアプリ・メルカリのPAYサービス。

「メルペイ」は世界でも人気のフリマアプリ・メルカリのPAYサービス。

メルペイ」は世界でも人気のフリマアプリ・メルカリのPAYサービス。

メルペイ」は不用品を出品してお金にできるメルカリのウォレットサービスです。

電子マネー「iD」でApple Payに登録できることからとても話題になりました。

メルペイ」の通常還元率はとくにありませんが、メルペイクーポンやメルカリ利用者向けの出品手数料無料キャンペーンなど、

メルカリを使うメルペイユーザーにとって使いやすくなるような施策を打ってきています。

メルペイで最大50%還元キャンペーン

メルペイで最大50%還元キャンペーン

キャンペーン自体もYoutuberやインパクトの大きいものを行ってます。

楽天ペイ還元率で節約

楽天ペイ還元率で節約

楽天ペイ還元率で節約

楽天ペイ」は「楽天経済圏」の中核。

ポイント還元率のベース(基本)は通常0.5%ですがカードと組み合わせると1.5%に。

楽天ペイ」のキャッシュバック還元は基本的に「1ポイント=1円」で使える「楽天ポイント」への還元になります。

楽天ペイ」自体は0.5%の還元率ですが、楽天ペイの支払先を楽天カードにすることでトータル「1.5%」になります。

重要

政府のキャッシュレス・消費者還元事業に参加しているお店だと+2%店【3.5%】や+5%【6.5%】になります。

楽天ペイリアル店舗:お店で使う時

  • 楽天ペイ」アプリでQRコード、バーコードを読んでもらう
  • 決済する

楽天ペイ」のバーコードが表示されるで注意しましょう。

楽天ペイネット店舗:オンラインで使う時

  • 楽天ペイ」はオンラインのサービスの支払いにも使える:楽天市場以外でも利用可能
  • 翌々月5日~8日頃に確定ポイントが付与
  • クレカ情報を入れる必要がないので安心

楽天ペイをオンライン決済で利用する一番の利点は「支払いサイトにクレカ情報」を入れないで、クレカ決済に(実質)できるという点ですね。

Amazonやヤフーショッピングなど大手と呼ばれるネットショップ以外の、会社さんがやってる小規模なところはなにかと個人情報流出が多かったりしますからね。

  • 2020年3月:鎌田醤油株式会社 不正アクセス

  • 2019年7月:セブンペイ不正利用

  • 2020年3月:タピオカエキスプレス 不正アクセス

クレジットカード番号そのものが流出すると、カード自体をとめて新しい番号で再発行しないといけませんが、楽天ペイだとリスクは減ります。

楽天ペイオンライン決済が可能なサイト

楽天ペイオンライン決済が可能なサイト

PayPay還元率で節約

PayPay還元率で節約

PayPay還元率で節約

PayPay(ペイペイ)」は「ヤフー・ソフトバンク経済圏」の戦略の要。

もうPayPay(ペイペイ)経済圏」と呼んでもいいかもしれません。

  • 📱ソフトバンク、ワイモバイルによる携帯キャリア・格安SIM事業
  • ヤフーショッピング・ヤフープレミアム会員などによるヤフーコンテンツ
  • PayPayブランドを激推して金融サービスにまで展開

2018年の暮れから頭角を現した「PayPay(ペイペイ)」ですが、2年経った今でも認知度やシェアトップをひた走っております。

そんな「PayPay(ペイペイ)」の通常還元率は2020年4月から下がり、0.5%がベースの還元率となっています。

PayPay還元率プラス要素

  • ベースの還元率:0.5%
  • 月に10万円以上PayPay決済:+0.5%
  • 月に50回以上PayPay決済:+0.5%

上記のベースの還元率0.5%に、PayPay還元率のプラス要素を足すと、最大還元率1.5%になります。

月間の還元キャッシュバックにも上限があり、1回につき7500円までの還元、月の還元は15000円が上限となります。

月に10万円決済・50回決済は翌月の反映になりますので、構造としてはLINEPayのマイカラー制度に近くなりますね。

LINEPayマイカラーの場合

  • ブルー:LINEPay決済〜9万9999円:還元率1.0%
  • グリーン:LINEPay決済10万円以上:還元率:2.0%

となっているので、PayPay決済50回・月10万をダブルで達成しないと1.5%にならないのに対してLINE Payは「10万円以上」のみの条件で2.0%になります。

ベース還元率の部分ではPayPayよりもLINEPayが使いやすくなっているかもしれませんね。

au PAY(エーユーペイ)還元率で節約

au PAY(エーユーペイ)還元率で節約

au PAY(エーユーペイ)還元率で節約

au PAY(エーユーペイ)」はKDDIが2020年大きく仕掛けるキャッシュレス戦略。

ペイが乱立した2019年は既存サービスのauWALLETで達観していたがそこまで伸びず、消費者に理解しやすいように「au PAY(エーユーペイ)」ブランドを激推しする戦略にでました。

au PAY(エーユーペイ)」の通常還元率は0.5%なので、200円で1ポイント貯まります。

auケータイ契約者に優遇があり、「au スマートパスプレミアム会員」だと200円で3ポイント貯まります。

au契約(スマパス)があれば200円で3ポイント

au契約(スマパス)があれば200円で3ポイント

つまりauスマパスがあると還元率は1.5%ですね。

  • au PAY(エーユーペイ)」のキャッシュバックはポイント還元
  • au PAY(エーユーペイ)」のポイント還元は即時ではなく後日
  • ポイント還元は最大2ヶ月かかります

au PAY(エーユーペイ)」はちょうど高還元キャンペーンを実施中です。

【注意点】au PAY20%還元終了:17時アナウンスに注目(ステージ1)

au PAY20%還元キャンペーン実施中

オススメ
auスマホユーザー以外も対象!「au PAY」利用で「誰でも!毎週10億円!もらえるキャンペーン」開催
3月お得なau Pay(エーユーペイ)最大7万円20%還元キャンペーン毎週10億円

「au Pay(エーユーペイ)」でお得なキャッシュレスキャンペーンが開催されます。 結論をいうと最大7万円・支払い金額の20%がポイント還元になります。 キャンペーン期間は毎週10億円ぶんの予算がつい ...

続きを見る

Kyash(キャッシュ)の還元率で節約

Kyash(キャッシュ)の還元率で節約

Kyash(キャッシュ)の還元率で節約

Kyash(キャッシュ)」アプリはポイント還元のあるVISAプリペイドカード。還元率は最大1.0%です。

VISAクレカの仕組みを使って決済するこの「VISAプリペイド」は、QRコード支払いができないお店でもポイント還元ができるので使いようによってはプラスになります。

Kyash(キャッシュ)」には3種類のカードがあり還元率は下記の通りです。

  • KyashCard:1.0%
  • KyashCard Lite:0.5%(4/1以降)
  • KyashCard Virtual:0.5%

この「Kyash(キャッシュ)」はクレジットカードの間にはさむことが可能なサービスもあり、なんとかペイの支払い先を「Kyash(キャッシュ)」にして、その「Kyash(キャッシュ)」にクレジットカードからチャージして使うと、ポイントの2重取りが可能です。

つまり、

ポイント

「決済アプリ」▶「クレカ」

「決済アプリ」▶「Kyash(キャッシュ)で1%ポイント」▶「クレカ」

 

というように1%ぶんお得に発生させることができるのです。

ただ、2020年3月現在3Dセキュアに対応していない点から、使えないPAYサービスも多く、今後の躍進が望まれます。

オススメ
完了メッセージ
人気色はピンク?新Kyash(キャッシュ)カードの申し込み方法まとめ

新「Kyash(キャッシュ)カード」の申し込みが2020年2月25日に開始しました。 「Kyash(キャッシュ)カード」は、1%のポイント還元がつくキャッシュレス時代のお得なカードのひとつです。 Pa ...

続きを見る

還元率のないPAY

特に還元率のないPAYというのもあります。

  • ゆうちょペイ:還元率は特にない
  • プリン(Pring):還元率は特にないがATM・送金に長けている・コミュニティ機能がある
  • JcoinPay:還元率は特にないが地銀に強い

2020年10月:リアルタイム節約・お得情報

これには要注目!

携帯料金安くしたい「0円にするワザ」楽天モバイルに乗り換えタイミングは今

楽天モバイルがキャリアサービスを「1年間無料」開始 無料の中身は、電話通話・データ通信(=つまりネット接続)です

続きを見る

2020年10月実施中のPayPay・ヤフーのお得なキャンペーン一覧

2021/1/13

2021年節約aupovoポヴォ・ドコモアハモ・楽天モバイル・ソフトバンクonLINE比較

2021年はいろいろな情勢下もあり、携帯電話などの料金・出費をいかに「節約」するかの方向へ人々の関心は進んでいくでしょう。 携帯電話各社キャリアauがpovoポヴォを発表、ドコモアハモ・楽天モバイル・ソフトバンクonLINEも3月の激戦シーズンにむけていろいろと情報をだしてきています。 この記事では気になる項目ごとに各キャリアを比較していきます。 このページの目次リンク要約ポイント基本料金au(KDDI)には音声通話5分以内無料をつけると2980円特徴通信5G/4G通信データ容量速度制限音声通話料金窓口対 ...

ReadMore

ドコモアハモ(ahamo)が2021年の節約の要注目プラン・3000円分のdポイントもらえる

2021/1/13

2021年お得ペイ・キャッシュレスアプリや注目ポイ活アプリ情報まとめ

2021年も引き続きお得ペイ・キャッシュレスアプリや注目ポイ活アプリ情報まとめです。 色々解説している「節約セイブ」ではもう2021年のキャッシュレスの話題ですね。 お得はいくらでも転がっています。 このページの目次リンク要約ポイント要約ランキングドコモ経済圏:d払い&dポイント&ドコモサービスペイペイ経済圏:ペイペイ(PayPay)&Yahooサービスau経済圏:エーユーペイ(auPay)&Ponta・ローソンローソンの企画力LINE経済圏:ラインペイ(LINE Pay)・LINEサービス楽天経済圏:楽 ...

ReadMore

2021/1/8

【1月】出前館など出前アプリキャンペーンや年末年始感謝祭

出前館など出前アプリキャンペーンをまとめています。対象期間がきまっているキャンペーンが多いので、ぜひ自分に該当するなら積極的に使いましょう。 子育てが大変な主婦や勉強など自分の時間を作りたいひとりぐらしのひとにはデリバリーをうまく活用してほしいですよね。 甘えてるとか自分で愛情込めた食事を作れとかいう偏見は気にしないでOKです。家事の負担や食事を作る負担を少しでも軽減しておいしいものを食べてもらう仕組みなので堂々と使いましょう。 このページの目次リンク出前館の半額セール:1/8-2/15出前館でリンガーハ ...

ReadMore

ソフトバンク5G月額2980円「Softbank on LINE(ソフトバンクオンライン)」

2020/12/25

ソフトバンク5G20GB月額2980円「Softbank on LINE(ソフトバンクオンライン)」

ソフトバンクが12/22に新料金5G発表会を行いました。 内容は結論をいうと「LINEの子会社化・吸収合併」から「LINEとのコラボでオンライン専用のブランドを作成」ということになります。 オンライン専用のブランドは2021年3月にLINEとのコラボで行うとのことです。 ※LINEモバイルとは異なり、あくまでもソフトバンクということで「Softbank on LINE(ソフトバンクオンライン)」という名称になっています。 このページの目次リンク要約ポイントオンライン(LINE)専用のブランドSoftban ...

ReadMore

2020/12/25

2021年節約ダッシュ!サブスク解約で棚卸し・断捨離により節約しよう

便利!安くなる!まとまってお得!といった理由で人気の「サブスクリプションサービス」通称サブスク。 コロナ禍での引きこもりで、ポンポンとサブスクサービスに申し込んでいろいろためしてしまった2020年。 気がついたら「サブスク貧乏」に!なんてことにならないように、サブスクの見直しをしようと思いました。 ちょっとそのせいで増えてしまったサブスクサービスを、2021年に向けて棚卸しをして節約しようというものです。 こちらは一個人のひとつのケースです。それぞれの状況を踏まえてぜひじぶんごととして捉えて出費を見直す機 ...

ReadMore

2020/12/25

【ANA Pay(エーエヌエーペイ)】マイルが増えるキャンペーン2つまとめて紹介

ANA Pay(エーエヌエーペイ)が使えるようになったということで、日頃からもマイルを直でためられる決済方法が増えたということですね。 ANA Pay(エーエヌエーペイ)をするなら要注目のキャンペーンを2つ合わせて紹介していいます。 このページの目次リンク要約ポイントANA Payデビューキャンペーン参加方法ANA JCBカード新規入会キャンペーン対象カードまとめ 要約ポイント 要約ポイント 「ANA Pay(エーエヌエーペイ)」ではキャンペーンを2つ開催しています ANA Payデビューキャンペーン:1 ...

ReadMore

2020/12/25

スマホ通信量も料金も節約できる0円使い放題1円Rakuten WiFi Pocket(ラクテンワイファイポケット)ルーター登場

スマホ通信量(いわゆるギガ)も、ネット料金(足りなくなったら追加してる人)も「節約」できる1年間0円で使い放題ルーターが登場しました。 そんな都合のいいものが!? って思いますよね。 しかも「本体価格1円」になるキャンペーンつき。 さらにいうと可愛いパンダデザインなんです。ご紹介します。 このページの目次リンク要約ポイントノートPCやタブレットもネットできる2980円税別のサービスが1年間無料楽天モバイル契約しているけどいける?どのくらいで届くのか?まとめ 要約ポイント 「けいたいりょうきんってたかくない ...

ReadMore

ドコモアハモ(ahamo)が2021年の節約の要注目プラン・3000円分のdポイントもらえる

2020/12/25

ドコモアハモ(ahamo)が2021年の節約の要注目プラン・3000円分のdポイントもらえる

ドコモで新料金プラン「アハモ(ahamo)」が発表されました。 「アハモ(ahamo)」は20GBの通信量で、通話も5分無料となっており従来のサービス内容とさほど変わらない印象があります。 この「アハモ(ahamo)」ですが、いつから?と期待するワクワクがでてきます。 「アハモ(ahamo)」はNTTドコモが2021年3月から開始する2980円のプランで、特別手数料などは無料0円になります。 ▼ソフトバンクも2980円料金を発表 このページの目次リンク要約ポイントドコモで2980円という安い料金プランアハ ...

ReadMore

高額BIGHITも出ます

2020/12/25

TIPSTAR(ティップスター)稼ぎ方(王道)をもう少し詳しく

「TIPSTAR(ティップスター)」の稼ぎ方に焦点を当てて解説していきます。 「TIPSTAR(ティップスター)」は、老舗SNS「mixi(ミクシィ)」やゲームアプリ「モンスターストライク」で有名な東証一部上場企業の株式会社ミクシィが運営しているアプリ・サービスです。 東証一部上場企業ってだけでものすごく個人情報の管理が厳しいので、安心して遊べますね。 このページの目次リンク要約ポイントTIPSTAR(ティップスター)のポイント動きTIPSTAR各用語稼ぐために重要な3つのこと1日300回以上はガチャを回 ...

ReadMore

VisaLINE Payカード

2020/4/1

2020年(令和2年)のペイ・キャッシュレスニュース情報総まとめ

2020年(令和2年)もナントカペイ・キャッシュレスニュース情報、たくさんの事件ありました。そのまとめです。 2019年は乱立しましたね。2020年は淘汰やキャンペーン縮小が目立つかたちになります。 このページの目次リンク要約ポイント2020年1月AndroidスマホでモバイルPASMOが発表に三井住友カードが券面を新デザインにセブンペイチャージ残高払い戻ししなかったのが25万人SMSでログイン情報を盗もうとする詐欺が多発・フリマ詐欺メルペイのOrigamiPay(オリガミペイ)買収LINE Payろうき ...

ReadMore

 

まとめ

  • 還元率(キャッシュバック率)」とは支払金額に対してどのくらいお得なのかを示すお得度
  • auPAY・d払い、LINE Payなどのキャッシュレス・何とかペイの「還元(キャッシュバック)」の主流はポイント還元なのでうまく使いましょう
  • キャンペーンや待遇制度で上がり下がりがあるためアンテナをいかに貼っているかが節約になります

1月から年会費が¥0

必見 2020年値上げ・増税・家計負担はんぱない!節約どうしたら…ここはキャッシュレスで簡単に乗り切ろう!今から節約ライフを簡単に開始する具体的な方法まとめ→ 普段使いできるクレカで電子マネーのようにポイント貯める節約術

ポイント
2020年版:キャッシュレスPAY還元率比較スマホ決済アプリの違いをまとめ」を読んでいただきありがとうございます!記事URLとタイトルだけでもコピーしませんか?
※サービスについての情報は公式ホームページ様、未発表部分は過去データや見識の類推になります。掲載情報は免責事項にご了承いただいた上御覧ください。

必見 今なら銀行口座登録で1000円分お得→paypay_IOSpaypay_android

アクセスの多い記事

ドコモアハモ(ahamo)が2021年の節約の要注目プラン・3000円分のdポイントもらえる 1

ドコモで新料金プラン「アハモ(ahamo)」が発表されました。 「アハモ(ahamo)」は20GBの通信量で、通話も5分無料となっており従来のサービス内容とさほど変わらない印象があります。 この「アハ ...

高額BIGHITも出ます 2

「TIPSTAR(ティップスター)」の稼ぎ方に焦点を当てて解説していきます。 「TIPSTAR(ティップスター)」は、老舗SNS「mixi(ミクシィ)」やゲームアプリ「モンスターストライク」で有名な東 ...

3

ANA Pay(エーエヌエーペイ)が使えるようになったということで、日頃からもマイルを直でためられる決済方法が増えたということですね。 ANA Pay(エーエヌエーペイ)をするなら要注目のキャンペーン ...

4

便利!安くなる!まとまってお得!といった理由で人気の「サブスクリプションサービス」通称サブスク。 コロナ禍での引きこもりで、ポンポンとサブスクサービスに申し込んでいろいろためしてしまった2020年。 ...

ソフトバンク5G月額2980円「Softbank on LINE(ソフトバンクオンライン)」 5

ソフトバンクが12/22に新料金5G発表会を行いました。 内容は結論をいうと「LINEの子会社化・吸収合併」から「LINEとのコラボでオンライン専用のブランドを作成」ということになります。 オンライン ...

-便利アプリ, 節約

© 2021 節約セイブ